法人カードの経理の効率化に、必要なクラウド会計とは?

こんにちは。中島俊裕です。

クラウドとはなんでしょう?

クラウド=雲、くも

なぜ?クラウドといわれているかは、いろんな諸説あります。その中で、ネットワークを図式化の時に、雲を使うことが多かったため。

会計とはなんでしょう?

会計=勘定、支払い

例えば、会計と聞いて思い浮かぶことがあります。お店で、スイマセン!お会計お願いします」。ということがありますね!

このようなことが、「勘定」「支払い」の意味です。

クラウド会計は、ネットに接続できるならば、いつでも、どこでも、処理ができる。

そのことが、会計システムのことです。

クラウド会計を利用するソフトを、クラウド型会計ソフトと呼びます。

例えば、テレビの宣伝で、お馴染みの弥生会計、勘定奉行、大蔵大臣。お持ちのパソコンにアプリケーションをインストールする。

会計データを打ち込み、パソコンに、保存するというものでした。

現在、クラウド会計では、ソフトウェアを購入する必要がありません。

アプリケーションをインストールする必要もなく、データをパソコンに保存する必要もありません。

最近は大手3社です。freee(フリー)、弥生会計、MFクラウド会計になっています。

これらのクラウド会計では、インターネット上からデータの自動取り込みができます。

法人クレジットカード10
写真はイメージです。