法人カード

多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(3)

 多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(3)

こんにちは。中島俊裕です。きのう、ブログに書きました。豆まきは、年の数だけたべること。おつまみなら旨くて、年の2、3倍は、食べてしまいそうです。

クレジットカード払いの時は、お店からお客様控え書かれた文書が、発行されます。

領収書と書、かれてはいますが、クレジットカード払いなどど、注記があります。

これを、出張費用の精算時に、証拠として提出してください。

ただし、これを証拠として認められるかは、、あなたの会社次第です。

もちろん、あなたの会社の経理の担当の方に、お問い合わせくださいね。

法的な、領収書はカード会社が、発行する明細書になります。

あなたが、現金を払うのは、カード会社だからです。

経理の方が、これを請求されるのであれば、従ってくださいね。

だだし、個人のカード利用が整理されていないと、あなたの個人の買い物が、会社に知られるのでご注意ください。

経費用に法人カードを会社で、ご用意くださいね。

多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(2)

 多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(2)

こんにちは。中島俊裕です。最近、お店に節分用の豆が並んでました。よ~く見ると、ビールのおつまみまで、並んでました。お父さん用なのかな。

きちんとしたお店では、クレジットカード払いでは、領収書は出ません。

領収書とは、現金、または有価証券の授受の証です。ですから、カード払いは該当しません。

販売するお店には、領収書を発行する義務はありません。

領収書と書かれたものが、発行される時もあります。しかし、それは、領収書ではありません。

領収書ではない、代わりにクレジット払いと注記が入ります。

領収書ではないので、3万円以上の収入印紙は必要ありません。

詳しくは、こちらから

多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(1)

● 多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(1)

出張費用の他にも、営業先での食事会、ホテルの宿泊代、接待費用など。

たくさんの現金を、持ち歩かなくてよいし安心ですね。

一般的なカード払いのメリットですね。個人のカードよりポイントがたくさん付きます。

注意点をあげますね。

法人カード払いでは、基本的に、領収書がもらえません。

出張費用の精算には、後日、会社に利用明細が、送られてきます。

それを、経理の方が作業をすれば、オッケイです。

わざわざ、出張費用のための、現金を用意しなくていい。キャッレスですので、カードがあればいいです。

くわしく分ける時は、個人のカードと経費精算を目的とした、法人カードをつくるべきです。

会社への請求もハッキリして、仕事の効率がいいです。

年度決算は、多数の書類ですから、労力が削減できます。

法人カードの、クレジット支払いは、利子はつきません。

● 法人カードの、クレジット支払いは、利子はつきません。

こんにちは。中島俊裕です。寒中、お見舞い申し上げます。年末と年始は、ブログの記事を書いてました。

ブログを、読んでいる方は、お正月はどのように、過ごされましたか?
今年、2018年も、あなた様にとって、ご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

法人カードでクレジットカード支払いは、支払う側には、利息はありません。

クレジットカードで一か月後ならば、キャッシュアウト、フローが一か月遅れて来ます。現金での購入より。資金繰りが、とても助かる理由になります。

法人カードを導入されている、企業・個人事業主は、少しずつですが、増えています。

法人カードは、社長、課長、平社員も、含めて社員が、仕事で出張時の切符やチケットの予約。また、ホテルの精算で使ったり、本や事務用品のネット購入でも使います。

そんな時に、企業や会社、個人事業主様の、お役に立つのは、法人クレジットカードです。

多少なりとも、資金繰りは楽になりますし、現金精算に比べて受け渡しや事務処理の手間が軽減されますので。

社員に、その都度お金をわたす、面倒がなくなります。多数の社員がいるなら、なおさらです。

面倒ではないのは、そればかりではありません。法人カードを使用した場合。後日に利用明細が、会社に送られてきます。

社員、一人一人の利用した日にち、時間、費用などが、明細として書いてあります。

決済の時書類として、提出できます。経理には、業務の効率化に、役立ちます。

年間費は、無料もありますが。有料には、それにふさわしい特典と、業務の効率化、資金面での、キャッシュフローが応援してくれます。

企業、会社、個人事業など、経営者の方には、心強い味方になります。

もしも、よろしかったら
メリット、デメリットを比較して、導入してはどうでしょうか。

法人クレジットカード6
写真はイメージです。

法人カードを、作るのには、お金はかかりません。

 法人カードを、作るのには、お金はかかりません。

こんにちは。中島俊裕です。

法人カードの作成費、年会費、更新費がかかるかどうかは、クレジットカードの種類によります。

年会費も作成費も、何もかからないところも、あります。

作成費と更新費は、あまり聞かないです。年会費は、無料のところは一般カードならあります。

カードによっては、異なるので、一概には言えません。

入会金50万円+税、年会費35万円+税がかかる物も、ありますがこれは、稀です。

ふつうは、銀行系の三井住友、UC、MUFGのカードなら、年会費1200円+税がふつうです。

流通系は、一般カードに限り、無料が多いです。

法人クレジットカード5
写真はイメージです。

社長が、法人カードでプラチナを、作った後のメリットは!(2)

● 社長が、法人カードでプラチナを、作った後のメリットは!(2)

こんにちは。中島俊裕です。

ビジネスで、お得意様の接待の場合

「外国人に、食事のお店を、紹介して欲しい」先ずは、会社の秘書に頼みます。

しかし、プラチナカードでは、カード会社のコンシェルジュに、紹介してもらいます。

当然、食事のお店ならば、あちらの方が、詳しいはずです。(カードを使えるお店のみ)

ほかに、海外のホテル、予約の手配です。

知識のある、カード会社のコンシェルジュは、役にたちます。

そういった、秘書を雇わない。年会費10万円のクレジットカードの、コンシェルジュに任せます。というのであれば、ビジネスでは使い物になる可能があります。

例えば、アメックスのセンチュリオンカード(年会費30万円以上)は、専属コンシェルジュです。

夜間は夜間スタッフです。でも、秘書を年間30万円で、雇っていると思えば、元が取れる経営者もいると思います。

他には、アメックスとダイナースは、ポイントを、航空マイルに交換します。

その内、ダイナースプレミアム(招待)の場合は、レートが高いです。

17万円の決済で、ANA国内線を1回搭乗できるなど、高いレートを保っています。

全国を、飛び回る忙しい経営者は、お得かもしれません。

法人クレジットカード7
写真はイメージです。

社長が、法人カードでプラチナを作った後の、メリットは!(1)

● 社長が、法人カードでプラチナを作った後の、メリットは!

こんにちは。中島俊裕です。

法人カードの、プラチナカードを、持っている社長のメリット

・コンシェルジュが、レストランやホテルを、探したり、予約の手配をしてくれます。
・ホテルが、満室な時には、コンシェルジュ専用の部屋を、用意してくれる。
・マイルのレートが2倍になる。(ダイナース・プレミアムのみ)

全国を、出張や会議、セミナーなど、忙しい社長には、オススメ。また、接待でお客様を、もてなす機会がある、会社経営者は、必要です。

経費として年会費を、払う価値のある。メリットは、経理の業務にも貢献できる。

「そなえあれば、うれいなし」とは、ビジネスでは、このような物ですね。

法人カードの、プラチナカードの場合(年会費2万円以上)

・海外空港ラウンジ(プライオリティパス)を利用できる
・コンシェルジュサービスが受けられる
・レストランホテル優待サービスを受けられる

などが、付帯します。

法人カードの、プラチナカードの年会費は、コンシェルジュの、人件費により変わります。

・コールセンターにいる、電話アポインターの人数は?
・営業のサービスの時間帯は?(夜間に対応するか)
・専属がいるのか?

このような、サービスで、年会費が変わります。

法人クレジットカード9
写真はイメージです。

法人カードの経理の効率化に、必要なクラウド会計とは?

 法人カードの経理の効率化に、必要なクラウド会計とは?

こんにちは。中島俊裕です。

クラウドとはなんでしょう?

クラウド=雲、くも

なぜ?クラウドといわれているかは、いろんな諸説あります。その中で、ネットワークを図式化の時に、雲を使うことが多かったため。

会計とはなんでしょう?

会計=勘定、支払い

例えば、会計と聞いて思い浮かぶことがあります。お店で、スイマセン!お会計お願いします」。ということがありますね!

このようなことが、「勘定」「支払い」の意味です。

クラウド会計は、ネットに接続できるならば、いつでも、どこでも、処理ができる。

そのことが、会計システムのことです。

クラウド会計を利用するソフトを、クラウド型会計ソフトと呼びます。

例えば、テレビの宣伝で、お馴染みの弥生会計、勘定奉行、大蔵大臣。お持ちのパソコンにアプリケーションをインストールする。

会計データを打ち込み、パソコンに、保存するというものでした。

現在、クラウド会計では、ソフトウェアを購入する必要がありません。

アプリケーションをインストールする必要もなく、データをパソコンに保存する必要もありません。

最近は大手3社です。freee(フリー)、弥生会計、MFクラウド会計になっています。

これらのクラウド会計では、インターネット上からデータの自動取り込みができます。

法人クレジットカード10
写真はイメージです。

企業・個人事業主の社長さま、年度末の準備していますか?

● 企業・個人事業主の社長さま、年度末の準備していますか?

こんにちは。中島俊裕です。

門松が、お店の入口に飾ってある時期。「これぞ、正月の雰囲気」。いい感じですね!

毎年3月ごろは、会社・個人事業主様の年度末の決算が多い。一番忙しい時期です。

年度末の、会社の動きについて書いきます。

決算書の出来上がるまで

1、領収書集め
2、内容の仕訳
3、税理士との打ち合わせ
4、決算書作成
1、領収書集め
ビジネスカードにまとめる、領収証書の管理が不要になる。Web明細で、支払い内容も、すぐに確認できる。
2、内容の仕訳
Web明細を、CSVにダウンロード。会計ソフトに、流し込むと、自動作成ができる。アナログな仕訳が、なくなる。
3、税理士との打ち合わせ 
税理士との、仕訳修正にかかる、時間が大幅に、削減できる。
4、決算書作成 
社長、経理の方に、余裕ができる。前みたいに、バタバタしない。すべては、会社の雰囲気もよくなる。

全体の流れを、カンタンではありますが、書いてみました。

会社・個人事業主社長だが、来年3月末に決算。そろそろなんだよ!

もう12月だから、そんな時間ない、作るよりほかの仕事しますよ!

うちの会社、少人数だから、面倒くさくないから、大丈夫!など

今よりも、1年、3年、5年後、舵を取るのは、社長のお仕事です。

社長・個人事業主様、経理効率化に、法人カードをお使いください。

法人クレジットカード6
写真はイメージです。

法人カードのメリット、キャッシュフローとは、なんでしょう。

● 法人カードのメリット、キャッシュフローとは、なんでしょう。

こんにちは。中島俊裕です。

キャッシュフローとは、現金の流れのこと。

仕事によって、「外からの現金収入」と「外への現金支出」を、差し引いて残る、お金のこと。

さらに、カンタンにいうと、今すぐ使えるお金が、いくら持っているということ。

キャッシュフローについて、くわしいいいますね!

キャッシュフローは、キャッシュフロー計算書に(以下CS)に集計されています。
CSは、財務・投資・営業の3つのキャッシュフロー(以下CF)から構成されています。

財務CFとは、どうやってお金を、集めたか?
投資CFとは、何にお金を、使ったのか?
営業CFとは、どのように、利益を上げているのか?

実際のやり取りした現金収支を、把握するものです。将来的に入る利益は、含みません。

3つのCFについて、カンタンに書いてみました。

財務キャッシュフローは、財務活動の現金収入のこと。

借金を1000円返し、新たに2000円借りた場合、財務キャッシュフローは、1000円の黒字。

投資キャッシュフローは、工場やビル建設、トラック購入などの設備投資。

有価証券投資に要する現金払いと、資産売却による収入。

5000円で工場を建てたたら、投資キャッシュフローは、5000円の赤字。

営業キャッシュフローとは、1万円の現金を売り上げ、現金給料に6000円を支払う。

預金に100円の利子が付いた場合。営業キャッシュフローは、4100円の黒字。

ただし、利息の受取額は、投資キャッシュフローに、含めることもできる。


写真はイメージです。