キャッレス

多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(3)

 多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(3)

こんにちは。中島俊裕です。きのう、ブログに書きました。豆まきは、年の数だけたべること。おつまみなら旨くて、年の2、3倍は、食べてしまいそうです。

クレジットカード払いの時は、お店からお客様控え書かれた文書が、発行されます。

領収書と書、かれてはいますが、クレジットカード払いなどど、注記があります。

これを、出張費用の精算時に、証拠として提出してください。

ただし、これを証拠として認められるかは、、あなたの会社次第です。

もちろん、あなたの会社の経理の担当の方に、お問い合わせくださいね。

法的な、領収書はカード会社が、発行する明細書になります。

あなたが、現金を払うのは、カード会社だからです。

経理の方が、これを請求されるのであれば、従ってくださいね。

だだし、個人のカード利用が整理されていないと、あなたの個人の買い物が、会社に知られるのでご注意ください。

経費用に法人カードを会社で、ご用意くださいね。

多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(2)

 多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(2)

こんにちは。中島俊裕です。最近、お店に節分用の豆が並んでました。よ~く見ると、ビールのおつまみまで、並んでました。お父さん用なのかな。

きちんとしたお店では、クレジットカード払いでは、領収書は出ません。

領収書とは、現金、または有価証券の授受の証です。ですから、カード払いは該当しません。

販売するお店には、領収書を発行する義務はありません。

領収書と書かれたものが、発行される時もあります。しかし、それは、領収書ではありません。

領収書ではない、代わりにクレジット払いと注記が入ります。

領収書ではないので、3万円以上の収入印紙は必要ありません。

詳しくは、こちらから

多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(1)

● 多額の、年間出張費を使う会社なら、メリットがある法人カードです。(1)

出張費用の他にも、営業先での食事会、ホテルの宿泊代、接待費用など。

たくさんの現金を、持ち歩かなくてよいし安心ですね。

一般的なカード払いのメリットですね。個人のカードよりポイントがたくさん付きます。

注意点をあげますね。

法人カード払いでは、基本的に、領収書がもらえません。

出張費用の精算には、後日、会社に利用明細が、送られてきます。

それを、経理の方が作業をすれば、オッケイです。

わざわざ、出張費用のための、現金を用意しなくていい。キャッレスですので、カードがあればいいです。

くわしく分ける時は、個人のカードと経費精算を目的とした、法人カードをつくるべきです。

会社への請求もハッキリして、仕事の効率がいいです。

年度決算は、多数の書類ですから、労力が削減できます。