法人カードと個人カードの違いは、どこにあるのか?

こんにちは。中島俊裕です。

ひと言で言えば、当たり前ですが、誰に向けて、作られたカードか?ということ。

まずは、法人カードと個人カードの大きな違いは、決済があります。

法人カードには、「会社決済型」。会社決済型は、法人口座から引き落とされます。

一方、個人カードは、個人口座からも、利用金額が引き落とされます。

法人カードは、社員にカードを、発行することができます。また法人カードでは、個人事業主や海外利用以外では、原則利用できません。

一般的に、個人決済型は、個人事業主の、支払いとされています。

また、個人カードには、家族を発行することが、できます。それと、個人カードでは、キャッシングが利用できます。

法人カードで、お金を借りる場合、従業員の給料など、事業資金に使うことが多い。一般的に、法人が資金調達する場合。銀行から融資を受けます。

しかし、法人が会社経営で、キャッシングを利用する時、不安定なケースが多い。

倒産のリスクも高い。貸し倒れすることも、考えられます。

そのため、法人カードには、キャッシング機能が、ついてないことが多いのです。

それでも、法人カードをつくるメリットと、どんなことでしょう!

会社を、経営されている方、個人事業主の方など、仕事をするいろんなシーン。

法人カードは、利便性があります。事業主の、経理の効率化の味方です。


写真はイメージです。