社長のプラチナカード

社長が、法人カードでプラチナを、作った後のメリットは!(2)

● 社長が、法人カードでプラチナを、作った後のメリットは!(2)

こんにちは。中島俊裕です。

ビジネスで、お得意様の接待の場合

「外国人に、食事のお店を、紹介して欲しい」先ずは、会社の秘書に頼みます。

しかし、プラチナカードでは、カード会社のコンシェルジュに、紹介してもらいます。

当然、食事のお店ならば、あちらの方が、詳しいはずです。(カードを使えるお店のみ)

ほかに、海外のホテル、予約の手配です。

知識のある、カード会社のコンシェルジュは、役にたちます。

そういった、秘書を雇わない。年会費10万円のクレジットカードの、コンシェルジュに任せます。というのであれば、ビジネスでは使い物になる可能があります。

例えば、アメックスのセンチュリオンカード(年会費30万円以上)は、専属コンシェルジュです。

夜間は夜間スタッフです。でも、秘書を年間30万円で、雇っていると思えば、元が取れる経営者もいると思います。

他には、アメックスとダイナースは、ポイントを、航空マイルに交換します。

その内、ダイナースプレミアム(招待)の場合は、レートが高いです。

17万円の決済で、ANA国内線を1回搭乗できるなど、高いレートを保っています。

全国を、飛び回る忙しい経営者は、お得かもしれません。

法人クレジットカード7
写真はイメージです。

社長が、法人カードでプラチナを作った後の、メリットは!(1)

● 社長が、法人カードでプラチナを作った後の、メリットは!

こんにちは。中島俊裕です。

法人カードの、プラチナカードを、持っている社長のメリット

・コンシェルジュが、レストランやホテルを、探したり、予約の手配をしてくれます。
・ホテルが、満室な時には、コンシェルジュ専用の部屋を、用意してくれる。
・マイルのレートが2倍になる。(ダイナース・プレミアムのみ)

全国を、出張や会議、セミナーなど、忙しい社長には、オススメ。また、接待でお客様を、もてなす機会がある、会社経営者は、必要です。

経費として年会費を、払う価値のある。メリットは、経理の業務にも貢献できる。

「そなえあれば、うれいなし」とは、ビジネスでは、このような物ですね。

法人カードの、プラチナカードの場合(年会費2万円以上)

・海外空港ラウンジ(プライオリティパス)を利用できる
・コンシェルジュサービスが受けられる
・レストランホテル優待サービスを受けられる

などが、付帯します。

法人カードの、プラチナカードの年会費は、コンシェルジュの、人件費により変わります。

・コールセンターにいる、電話アポインターの人数は?
・営業のサービスの時間帯は?(夜間に対応するか)
・専属がいるのか?

このような、サービスで、年会費が変わります。

法人クレジットカード9
写真はイメージです。