法人カードで、2017年1月から、税金を払えるように、なりました。

2018年1月25日

 法人カードで、2017年1月から、税金を払えるように、なりました。

こんにちは。中島俊裕です。

きのう、会社の大掃除でした。社長から、挨拶があり、金一封が、渡されました。これで、なんとか年越しできそうなので、ありがたいです。

きょうから、会社の年始年末の、休みになります。

もしも、税金を法人カード(クレジットカード)で、支払われる場合。

法人カード専用の、ネットサイトを利用されることが、できます。

注意事項がありますので、読んでください。

1、領収証書は、発行されません。
2、カード納付は、国税庁長官が指定に委託する手続き。
3、納付手続きが、完了すると、取り消しはできません。
4、カードで納付から、発行されるまで、3週間ほどかかます。
5、納付金額に応じて、決算手数料が、かかります。

支払える税金の項目について、大まかに、書きます。

法人税、地方法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、石油税、自動車重量税、源泉所得税、申告所得税、印紙税など。

利用できる、クレジットカードは、このようなカードです。

・VIZAカード
・マスターカード
・JCBカード
・アメリカンエキスプレス・カード
・ダイナースカード
・ティーエスキュービック・カード

税務署1

国税サイトをもっと、知りたい方は、こちら