会社の指示は、自分のお金で、出張費の立て替えは、面倒ですね。

 会社の指示で自分のお金で、出張費の立て替えは、面倒ですね。

こんにちは。中島俊裕です。

会社の社長が、その時は、法人クレジットカードを作るべきです。

社員、事務、経理の方の作業は、軽減されます。経費の使い道も、分かりやすくなります。

法人カードは、全員には、出来ない場合もあります。

信頼のある方、接待のある方、出張の多い方は、一枚づつ持たせると、経理処理は、カンタンです。

そうなると、現金を、外部に持ち出す必要がなくなります。

会社にお金があるので、本当に、現金を使うときにあるので、安心です。

もしも、上司から、会社で必要な備品について、ネットで購入せよと指示がある時に。

個人のクレジットカードで、購入するとなると、お金が必要になります。

一か月後、二か月後の支払いは、不安になります。引き落とされるように、入金しておくことが大変です。

上司に、言えない立場の社員もいます。言えば、立場も悪くなるから、我慢している方。

早い段階で、相談して間に入ってくれる方を、先輩、或いは同僚を見つけましょう。

会社の将来、これからを考えると、法人カードをいち早く、作ることが一番です。

会社の方向転換する時は、社長の先見性が、頼りになります!


写真はイメージです。

法人カードで、2017年1月から、税金を払えるように、なりました。

 法人カードで、2017年1月から、税金を払えるように、なりました。

こんにちは。中島俊裕です。

きのう、会社の大掃除でした。社長から、挨拶があり、金一封が、渡されました。これで、なんとか年越しできそうなので、ありがたいです。

きょうから、会社の年始年末の、休みになります。

もしも、税金を法人カード(クレジットカード)で、支払われる場合。

法人カード専用の、ネットサイトを利用されることが、できます。

注意事項がありますので、読んでください。

1、領収証書は、発行されません。
2、カード納付は、国税庁長官が指定に委託する手続き。
3、納付手続きが、完了すると、取り消しはできません。
4、カードで納付から、発行されるまで、3週間ほどかかます。
5、納付金額に応じて、決算手数料が、かかります。

支払える税金の項目について、大まかに、書きます。

法人税、地方法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、石油税、自動車重量税、源泉所得税、申告所得税、印紙税など。

利用できる、クレジットカードは、このようなカードです。

・VIZAカード
・マスターカード
・JCBカード
・アメリカンエキスプレス・カード
・ダイナースカード
・ティーエスキュービック・カード

税務署1

国税サイトをもっと、知りたい方は、こちら

 

法人カードと個人カードの違いは、どこにあるのか?

 法人カードと個人カードの違いは、どこにあるのか?

こんにちは。中島俊裕です。

ひと言で言えば、当たり前ですが、誰に向けて、作られたカードか?ということ。

まずは、法人カードと個人カードの大きな違いは、決済があります。

法人カードには、「会社決済型」。会社決済型は、法人口座から引き落とされます。

一方、個人カードは、個人口座からも、利用金額が引き落とされます。

法人カードは、社員にカードを、発行することができます。また法人カードでは、個人事業主や海外利用以外では、原則利用できません。

一般的に、個人決済型は、個人事業主の、支払いとされています。

また、個人カードには、家族を発行することが、できます。それと、個人カードでは、キャッシングが利用できます。

法人カードで、お金を借りる場合、従業員の給料など、事業資金に使うことが多い。一般的に、法人が資金調達する場合。銀行から融資を受けます。

しかし、法人が会社経営で、キャッシングを利用する時、不安定なケースが多い。

倒産のリスクも高い。貸し倒れすることも、考えられます。

そのため、法人カードには、キャッシング機能が、ついてないことが多いのです。

それでも、法人カードをつくるメリットと、どんなことでしょう!

会社を、経営されている方、個人事業主の方など、仕事をするいろんなシーン。

法人カードは、利便性があります。事業主の、経理の効率化の味方です。


写真はイメージです。

法人カードとは、どんな時に使う、カードなのか?

● 法人カードとは、どんな時に使う、カードなのか?

こんにちは、中島俊裕です。

会社の経理や独立をした人。個人事業主の問題になること。

それは、経費の管理です。

そこで、導入を考えて、いただきたいのが、法人カードです。

法人カードには、個人事業主向けと、法人向けがあります。

法人カードを作くるメリットについて

メリット
1、法人経費と、個人の区別化が、明確になる
2、経理の処理の、効率的に、一本化する
3、利用限度額も、お幅にアップです
4、外出や出張を、サポートあります
5、個人のカードより、ポイントも貯まる
6、各保証も、充実です
7、キャッシュフォローが、よくなる

デメリットについて

デメリット
1、審査が、個人カードよりも厳しい
2、年間費が、高い
3、ポイント還元率が、低い
4、個人のポイントとしては、使えない
5、リボ払い機能、キャッシング機能もない

 

法人カードには、種類と使用範囲が、あります。書いてみましょう。

・個人のカード
個人の名義の、口座に支払う。家族カードの発行が可能。法人向けのサービスが、利用できない。

・ビジネスカード

一般的に個人事業主向け。引き落とし口座は、代表個人口座。従業員向けの、発行ができない。

・法人クレジットカード

法人向け口座を、利用できる。社員と役員向けにカードを、発行できる。法人向けサービスを、利用できる。

・コーポレートカード
一般的に、中小企業から、大企業様向けが利用。法人口座を、引き落としに設置できる。従業員向けに複数枚の、カード発行も可能です。

・最近の法人クレジットカードについて
株式や有限の法人向けに発行。法人資格がない事業主でも、作られるようになった。ビジネスをやっている方の、カードという認識でオッケーです。


写真はイメージです。